悩んでいるならレーシック治療という手も|視力を回復させる手術

似た治療法

レーシック治療とイントラレーシックは、どちらも視力矯正手術として知られています。レーシック治療が東京を中心に全国の眼科医に広がっているのに対し、イントラレーシックを採用している眼科医はまだ少ないようです。東京を始めとする首都圏のクリニックを中心に広がってきているので、東京やその周辺在住の人はそのクリニックを探してみるのもよいでしょう。
では、このレーシック治療とイントラレーシックにはどのような違いがあるのでしょうか。具体的には、それぞれ使われる医療器具に違いがあります。
レーシック治療には、角膜を蓋状にするのに使われるのが「マイクロケラトーム」という金属刃になります。その動きをコンピュータによって制限するクリニックもありますが、人為的に施術を行うところもまだあります。そのため、蓋(フラップ)の切開面が不均一になります。フラップの断面図のスムーズさにも若干欠けます。対するイントラレーシックは、コンピューターによって完全に制御されたレーザーを用いるため、フラップの厚さが均一になります。角膜を薄く作ることもできるため、その点はレーシックと比べて柔軟な対応ができます。また、イントラレーシックはフラップの適応範囲も若干広くなるため、幅広い症状に対応することができます。

一般的にイントラレーシックは、従来のレーシックよりもクォリティの高い治療法だといわれています。しかし、イントラレーシックは費用がまだまだ高いという一面もあります。加えて、従来のレーシックもレーザーを使った高精度な治療スタイルになってきています。したがって、どちらがいいとは一概に言い切れないのが現状です。それぞれの施術の違いを把握するのはもちろん、自分自身の予算や症状、どのように視力を回復したいのかをきちんとはっきりさせた上で、どの治療法を選ぶかを決めていきましょう。また、施術だけでなくクリニックの評判もしっかり確認しておくことが大事です。公式サイトの情報、ネットでの口コミ、クリニックのランキングなどを参考にして、いいクリニックを選んでいきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加