悩んでいるならレーシック治療という手も|視力を回復させる手術

治療の手順について

レーシック治療は、今や東京を始め全国の眼科医も行うようになってきた治療法です。世界的にもその効果は知られてきており、確実な視力の回復効果が期待できます。なかなか解決しない目の悩みを一気に解消することができます。しかし、「レーザーを目に当てて治療する」ということに不安を覚える人も多いものです。目は非常にデリケートな部分なので、そこにレーザーを当てるとなると不安になるのも無理はありません。では、具体的にどのような手順でレーシック治療は行われるのでしょうか。

レーシック治療は、まず点眼麻酔をして、目を洗浄するところから始まります。次にマイクロケラトームという器具、またはレーザーを使って、角膜の表面に「フラップ」というフタのようなものを作ります。このフタを開けてレーザーを当てていき、角膜の形を変えていきます。レーザーの照準時間は実質的には数十秒程度なので、手短に済むのが魅力です。形を変えて整えていったら、開けたフタを元の位置に戻していきます。最後に目の洗浄をしたら治療は終了です。レーシック治療の時間は10分から15分程度と短いのが特徴です。ですので、日帰りでレーシック治療を受けることも十分可能です。麻酔の安全度も高いので、効果の高い治療を身近い時間で受けることができます。中でも東京のクリニックには、高度なレーザー機能を使用しているところも
あります。より安全度が高いレーシック治療を受けたいのであれば、東京都内で眼科医を探すとよいでしょう。

このレーシック治療を受ける前に、コンタクトを利用している人はコンタクトの使用を制限する必要があります。使用制限の期間は各クリニックによって違いますが、ソフトなら治療の3日前から1週間前、ハードなら2週間前から3週間前には使用制限をしておきましょう。これは、コンタクトによって角膜が圧迫されて変形するのを防ぐためです。しっかりとした正しい治療効果を得るためにも、手術前のコンタクト使用制限はしっかりと行いましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加